瞬 彩 Shun-Sai*

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

飛騨古川夜桜紀行


d0218192_23461818.jpg


雲ひとつない、すっきりとした夕暮れが過ぎると


藍色の世界が古川の街を包みます・・・


一年を通して、こんなに晴れ渡る日は数えるくらいでしょう


桜が散り始めた宵の空・・・

More
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-29 23:58 | Nature

飛騨古川 桜紀行

d0218192_374642.jpg


祭りも終わり、日常を取り戻した古川の街が


桜一色に染まった


古川に咲く桜のあれこれを綴ってみました

More
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-27 03:44 | Nature

飛騨古川祭 起し太鼓 2012


d0218192_2040466.jpg


《 起し太鼓 》

起し太鼓は古川祭の「動」の顔。
その昔、祭りの始まりを告げる目覚ましのために太鼓を打ち鳴らしたのが始まりと言われています。
千人をこす提灯行列に導かれて進む「起し太鼓」。数百人のさらし姿の裸男たちが担ぐ櫓に大太鼓に乗せて町を巡行します。
櫓(やぐら)の上に乗って太鼓を打つ人は、「太鼓打ち」と呼ばれ、起し太鼓の花形。一生に一度あるかないかの、大変名誉ある役目です。


《 付け太鼓 》

約3メートルの棒に小太鼓を縛り付けたもので、大太鼓の櫓の後部に付けることから、「付け太鼓」と呼ばれます。
町内には12組の付け太鼓があります。 出立祭の前には、ぜんぜのこを歌ったり、垂直に立てた付け太鼓に上り、芸を披露したりと、古川やんちゃの心意気を見せてくれます。
出立祭は、まつり広場にて。神事の後、祝い唄「ぜんぜのこ」の大合唱、会場の熱気は最高潮に達し、いよいよ起し太鼓が動き始めます。


街角では、大太鼓めがけて町内各組の付け太鼓が突っ込んできます。我先にと突っ込む「付け太鼓」、それを防ぐ大太鼓の護衛、町内の名誉をかけた激しい攻防戦が深夜まで続きます。

※起し太鼓や付け太鼓の見学などでケガをされても責任はおえませんのでご注意下さい。 (観光客は起し太鼓には参加できません)


※飛騨市観光サイト参照

起し太鼓 古川やんちゃの心意気・・・
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-21 22:56 | Event

飛騨古川祭 屋台曳行 2012

d0218192_1191855.jpg


全国に名を馳せる古川祭は、町内にある気多若宮神社の例祭で

国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事です。

この祭は、神社での神事、古式ゆかしい「御神輿行列」が中心となって

“動”の「起し太鼓」と“静”の「屋台行列」が二大祭事として加わり

三つの行事群により4月19日、20日の2日間に渡って盛大な

時代絵巻が繰り広げられます。


< 飛騨市観光サイト参照 >

屋台 夜の曳揃えは、こちらから・・・
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-20 11:53 | Event

飛騨高山 山王祭 2012 Ⅱ

d0218192_844651.jpg



小雨だった14日の、高山祭り、、、

日が暮れると、天候も回復し、屋台に火を灯しての宵祭り、曳き揃えをされたようですが

今回は残念ながら、撮影に出かけませんでした



明けて、翌15日は、朝から好天に恵まれ

絶好の撮影日和!

富山・東京からお越しのお仲間と、ちょっとだけ挑んでまいりました

More
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-17 09:48 | Event

飛騨高山 山王祭 2012

d0218192_22244735.jpg



高山祭は日枝神社の春の山王祭(4月14・15日)と
桜山八幡宮の秋の八幡祭(10月9・10日)の総称で
日本三大美祭のひとつに上げられています。

祭の起源は飛騨の領国大名金森氏の時代(1585~1692年)
屋台の起こりは1718年頃にさかのぼります。
巧みな人形の動きを披露するからくり奉納
仕掛けが施された戻し車など、屋台にも匠の技が生きています。

ー 高山市観光情報より抜粋 ー



飛騨高山へ、よう おいでんさった~
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-16 23:15 | Event

Hyakujuro-SAKURA


d0218192_10115458.jpg



ほのぼの微笑ましい ひととき


ポカポカ陽気のしたで『 桜 』が醸し出す空気感~

More
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-12 10:44 | Plant

Cherry Blossoms

d0218192_2252858.jpg



私事で恐縮ですが・・・


当分の間、飛騨から岐阜市へ通わなければならぬ状態になってしまった今日このごろ・・・





色々ありまして、写欲も薄れていたのですが


友人のモンスケさんが、岐阜各務原市の百十郎の桜が満開になるからと


案内してくださいました

More
[PR]
by cotti6102 | 2012-04-09 23:09 | Plant